SNS疲れとその対処法

どうもこんにちは。
最近、Twitterのアカウントを全部まっさらにしたり消したりしました。
ブログ用のアカウントは残っているんですけど、最終更新を見てください。もう全然です。
以前もこんな記事を書いていました。

SNSと上手く付き合うためのコツを考えてみた
SNSと上手く付き合って人生を豊かにしよう

そうしたら、すごい精神が落ち着いています。

なんだか、SNSに疲れていたのかもしれません。

いつでも誰かとお話ができるtwitter

なんですけど、考えてみたらそんなに社交的な人間でもなかった…

まあTwitterを使っている皆さんならわかると思うんですけど、ツイートって独り言のように見えてそうじゃなくないですか。
いつも誰かに見られている、それってすごく大変なことじゃないですか。
そんでもって、誰かの状況が、いつでも入ってくるって凄まじくないですか。
誰かの生活、誰かの愚痴、誰かの自慢がいついかなるときにも流れてくるって、まあ楽しいんですけど、神経もすり減らすんですよね。

いや、見なきゃ良いんですけど…

すさまじい中毒性

「なんか更新ないし閉じるか」、そう思ってアプリを消した瞬間、また開いてしまう…そんな経験はありませんか?
私は何度もあります。
「このままじゃいけない!」、そう思ってアカウントを消したは良いけど次の瞬間にまたログインしてしまう…そんなこともないですか?
常習犯です。

なんでこんなにTwitterって見たくなるんでしょうね?
不思議です。時間だけが浪費されていく。
意思が弱いといえばそれまでなんですけど、まあそんな意思の弱い人間なので、いついかなるときにもTwitterを見て、画面の向こうの誰かのツイートを見ているわけなんですね。
これはいけないですね。

こういう生活って

現実世界に置き換えると結構やばくないですか。
親しいお友達、家族とかなら常時お話はできるとは思うんですけど、知人くらいの関係の人だと、つらくないですか。
なんかちょっと精神が弱ってるときとか、さらに追い打ちをかけられる気がしてくるんです。

なので、離れることにしました。
また気が向いたら戻ってくるかもしれませんけど、たぶんこの先3ヶ月くらいはないです。(短い)
Twitter隠居おばあさんと呼んでください。

誰かの承認欲求、自分の承認欲求、SNSで満たしてもしかたがないです。ふぁぼもRTも虚構です。
虚構は時に薬にもなりますが、毒になるときもあります。
SNSや、そこでつながっていた人が嫌いになったわけじゃないです。けど、今の私には毒でしかないのです。

今ある文章書きたい欲は、ブログで発散しようと思います。いえーい

追記(2018.1.3)
Twitterのアカウントも全て消してしまいました。フォローしていただいていた方すみません。
また気が向いたら始めますのでそのときはぜひお願いします。

スポンサーリンク

share