【レビュー】ヘルベチカのシャーペン

どうも皆さんこんにちは、くろえです。

普段万年筆やボールペンを使っていても、どうしてもぶち当たるのが、
鉛筆かシャーペンを使わなきゃいけないシチュエーションです。
意外とありませんか?
                        
いざ使うというときに意外と手元にないんですよね…
直近で大きめの試験を受けなくてはいけなかったので、「これはシャーペンを買うチャンス!」と意気込んでしまいました。

というわけで買いました。既に使えるシャーペンを持っているのに…口実が欲しかっただけとも言います。
まあそれは置いておいて、伊東屋のヘルベチカです!

でーん!まっくろ!

ヘルベチカとは

みんな大好き文房具屋の老舗、伊東屋のオリジナルブランド、その1つがヘルベチカです。

商品一覧
明治37年創業、文房具の銀座・伊東屋の公式オンラインストア。限定モデルの高級筆記具、オリジナル手帳、直輸入のステイショナリーなど、豊富な品揃え。メルシーポイントも利用可能で、店舗と同じギフト包装も無料です!

鉛筆からシャーペン、多機能ペンまで、シンプルでかつおしゃれな筆記具やノートがたくさん出ています。

多機能ペンがすごくて、あのLAMY2000の多色ボールペンと同じ、振り子式を採用してるんですよね。
色を切り替えるときに、レバーを下げるのではなくて、対応する記号が書いてある面を上にしてノックするタイプです。
どういう仕組みなのかはいまいちわからないんですけど、すっごい細いですよね。これに2色+シャーペンが入ってるとは思えない…

いやーLAMY2000もめっちゃクールで良いんですけどね、このずんぐりむっくり感がかわいい…欲しい…

ヘルベチカのシャーペン

というシリーズの0.5mmのシャーペンを買いました。
スレンダー!

クリップの部分に0.5mmのシャーペンを表す数字と、”Helvetica”の文字。
黒くて目立たない、さりげないアピールです。全体がマットブラックなのに対して、このロゴだけ光沢があるので、良く見ればわかります。

持ってみるとこんな感じ。私はだいぶ人より手が小さいので少し長く見えますが、普通の長さです。
真鍮製なので少しだけ重さがあります。

黒いモノ消しゴムとの相性がすさまじいですね!!!!!!
試験用にスリムなペンケースを買ったので、ほしくずのボールペンといっしょに入れています。
ちなみにこれまでの背景は満寿屋の原稿用紙です。作家になった気分。

真っ黒なので視認性はゼロ

というわけで

すっかりお気に入りのシャーペンです。ちょっと長時間使うのがしんどいのが玉に瑕…ですが、それも我慢できるかっこよさ!
これでお値段が1000円以下なので、たいへんお買い得だと思いませんか!?

写真で見るより、実物のほうが数倍かっこいいので、ぜひ手にとって見てください…!

スポンサーリンク

share