タブレットとワイヤレスキーボードでブログを更新する


こんにちは。
先日の記事でスマホが壊れた話をしました。

スマホが壊れたので修理受付に持ち込んでみた
スマホ壊れました

「しばらくインターネットのない生活も悪くないな」と思っていたのですが、全然そんなことなくて、手元になくなった途端に出先で連絡する必要にかられる、外で調べものをしたい、道に迷うなどの出来事に遭遇し、こりゃないとだめだわ…となりました。
幸い、手元に使っていたSIMカードは残っていたので、SIMフリーのタブレットを買うことにしました。これは必要経費…と念仏のように唱えながらAmazonでポチったのですが、使ってみるとこれがめちゃくちゃ便利なので素晴らしさをお伝えすべく筆を執った次第です。

買ったもの

Zenpad8というタブレットです。
値段も安くてレビューも概ね高評価でした。実際使ってみると必要十分な機能とスペックであるように感じます。
SIMカードが挿せます。microSIMなのでちょっと戸惑いましたがちゃんとさせました。

裏はこんな感じ

ワイヤレスキーボードはこちら


ECtechnologyの三つ折りキーボードです。
広げてみるとどこが折れ目なのかわからなくなり、普通のキーボードと変わらない感覚で文字が打てます。あとUSキーボードなのが個人的にはgoodです。

こいつらを…

こうじゃ!

パソコンの代わりに

この2つを百均で買ったソフトケースに入れて持ち歩いているのですが、普段使っているパソコンのMacBook Air11インチより遥かに軽いのがまず一つ良い点です。色々なところに持ち歩いて文章を書くことを考えると軽さというのは大変重要な要素です。荷物は軽くてナンボです。

GoogleKEEPというメモアプリを入れてブログの文章を書いています。これ、Googleアカウントに紐付けて同期ができるので、あとでパソコンに移して加筆修正してBlogにあげる、ということが簡単にできます。
また、GoogleドキュメントでWordファイルも編集できるので、出先で空いた時間にレポートや課題を片付けることもハードルが低くなりました。

Google Keep - メモとリスト
Google Keep - メモとリスト
Google Keep - メモとリスト
Google Keep - メモとリスト

スキャンアプリを入れました。
カメラで書類を撮ると自動でスキャンしてくれ、PDFにできるスグレモノです。これを使って授業プリントをスキャンしてGoogleDriveにアップロードすれば、授業に持っていくのを忘れることもないし、通学時間に目を通すこともらくちんです。

タブレットを導入してみて実感したのは、「色々タスクをこなすハードルが低くなる」ということです。
軽ければ持ち歩くハードルが低くなる、さっと取り出せれば隙間時間を有効活用するハードルが低くなる…などなど、いいことずくめですね。
また、SIMカードがさせるものであれば、スマホが壊れたときの保険にもなりますし、格安SIMを使っている皆さんには二台持ち、たいへんおすすめです。
ぜひ皆さんも、使ってみてください!

勉強に活かせる他の記事もどうぞ↓

万年筆で勉強しよう〜万年筆をおすすめする2つの理由〜
万年筆はとても勉強と相性がいい
卒論を目の前にして思う3つのこと
今卒論に対して思うことを書き留めておこうと思います
スポンサーリンク

share