ほしくずを買いました

スポンサーリンク

まだまだ寒い日が続きますが、皆様どうお過ごしでしょうか。くろえです。
私はと言えば、史上最高に忙しい1ヶ月が過ぎて、今少し一息ついているところです。ふへへ…
久しぶりの更新です。万年筆について書こうと思います。

先日、大量に手書きの書類を作成しなければならない事態に陥りました。
「ここで出番なのは万年筆だろう!」そう思ったのですが、手元に正式書類に使えそうな黒いインクの入れられるものが無く…
こ こ ぞ と ば か り に

買いました。

セーラー万年筆の「ほしくず」です。
お、同じ軸が2本〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜?!?!?!?!?!

安心してください、ボールペンと万年筆です!

ほしくずとは

セーラー万年筆が展開する四季織シリーズは、4つの季節にそれぞれ1本ずつ、ペンが存在します。
その一翼を担う、「ひさかた」の冬…それが「ほしくず」です。
前身のプロカラー・四季彩の時代から、最強の人気を誇り、品薄で手に入らない時期もちらほら散見しました。
お値段も(万年筆にしては)お手頃の5000円代と、気軽にホイホイ買っちゃう設定ですね。

さて、何がそれほどまでに人気を呼んだのか?
それは…

このラメの入り方!
キラキラ!キラキラ!!

雪椿と挟んでみました。
同じ冬モチーフ、綺麗に映えますね!

万年筆に入れるインクは

書類に使いたかったので、同じセーラーが出している極黒に決めました。
出先でインクが切れると嫌だったので、予備のインクが持ち運べるカートリッジタイプです。
極黒といえば、顔料インクで耐水性があって、にじみにくい、裏抜けもしないと評判ですね。

満寿屋の原稿用紙に買いてみました。
思った以上にサラサラ書けて心地よいです…
俄然、青墨の方も使ってみたくなりました。こちらは青インク、濃紺のほしくずにはこちらのほうが合いそうですね…

ボールペンは至って普通の油性インクです。
ぬるぬると書けます。
雪椿を始めとした雪月空葉シリーズの方のボールペンは、ジェットストリームなどと互換性がある4C規格の替芯なんだそうで…(参考
ボールペンの替芯沼というのも感じました。ちょっと欲しいです。

皆様もぜひ、お手元に星空を!

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします