ロシア語検定、どれを受けようか迷っているあなたへ

スポンサーリンク


大学でロシア語を勉強していても、それだけだと別に履歴書に書けないし、寂しい気分でいました。
何か自分の実力を証明する資格が欲しい!
皆さんの中にもそう思っている人はいらっしゃると思います。

その中の一人なので今日ロシア語検定を受けてきました。
今回は2級です。受かってるといいなー!

というわけで
せっかくですし、今回はロシア語の試験についてまとめてみようと思います。

ロシア語の検定試験

日本で受けられるロシア語の検定試験は大きく2つあります。

ТРКИ

まずはロシアの国家が主催しているТРКИ(てーえるかーいー)ですね。
ロシア語が母語出ない人向けに作られた「外国語としてのロシア語」の能力を測る試験です。
試験で使われる言語はすべてロシア語、問題文も答えもオールロシア語です。

 第1レベルに合格すると、ロシアの大学に入学できる語学力を持っていると判断されます。また第2レベルまたは第3レベルに合格するとロシアの大学院に入学できる語学力を持っていると判断されます(専門によって異なります)。第4レベルはネイティブと同等のレベルです。

 各レベルの試験は 文法・語彙、読解、聴解、作文、会話 の5科目からなります。
合格ラインは、5科目それぞれが66%以上です。全科目が基準点数に達すると、成績表とレベル認定証が授与されます。なお、4科目が66%以上でかつ、残り1科目が60%以上の場合も合格とみなされます。一度目の受験で基準点に達しない科目が2科目までの場合に限り、合格科目は2年間有効とされ、2年以内に不合格科目のみを再受験することができます。合格すればレベル認定証が与えられます。

JCA 日本対外文化協会HP http://taibunkyo.jp/staticpages/index.php/exam-start より

学校で問題を一部解いたことがあるんですが、文法の四択問題でも結構難しいです。
大体の目安としては、留学に行った人が第2レベルを取っているイメージがあります。

このТРКИ、問題の難易度もさることながら、受験することそのものがちょっと難しいところがあります。

- 日本対外文化協会

こちらを見ていただければわかるんですが、日本でこれを受験しようとすると
受験料が20000円、試験日が年1回、東京の東海大学高輪キャンパスのみなんですね。ちょっとこれは学生にはハードルが高い気がします。
科目も多い試験ですし、採点も大変でしょう。そもそもロシアの試験なので諸々の経費がかかることも予想されます。なのでしかたのないことなのだと思うんですが…

それに、対策するための問題集が手に入りにくいというのもネックです。ロシアだとめっちゃたくさん本屋にあります。
ロシアのAmazonっぽいサイト、OZONでテキストを調べてみても面白そうですね。(ちなみに今のところAmazonはロシアには進出していないみたいですね)

ロシアのAmazonと呼ばれるozonで買い物してみた その1:注文は出来たらしい
ロシア語オンリーなozonで買い物してみたよ記録。

こちらのブログが個人輸入にたいへん参考になります…。私も何か買ってみようかな…。

閑話休題
ロシアで受けるほうが気軽に受けられるのか、周りの留学に行った人達はこぞって受けています。私も留学に行くことがあれば受けてみたい試験です。

ロシア語能力検定試験

日本で受けられるロシア語の試験のうちもう一つがロシア語能力検定試験です。
これはロシア語能力検定委員会が主催している、全国で受けられる試験です。年2回実施されます。

4級から1級まであり、4級は文法・露文和訳・和文露訳・朗読、3級はそれにプラス聴取試験があります。2級と1級は朗読ではなく口頭作文が試験科目になります。3,4級は年に2回受けられるんですが、1級と2級は秋だけしか受けられません。

総合的なロシア語力を認定するため、当初から「読解力」だけでなく、「聴取力」や「会話力」を確かめる問題を取り入れてきました。そしてそれぞれの科目で6割以上の点数を取らなければ合格とはなりません。たとえ合計点で6割以上を取ったとしても、6割に達していない科目が一つでもあれば不合格となります。
ロシア語能力検定試験HP http://www.tokyorus.ac.jp/kentei/about.htmlより

ホームページに書いてあるとおり、文法事項だけでなく総合的に色々な能力を測る問題が多かった気がします。
レベルが色々あるのも受けるハードルが低くていいですね。
また、会場が全国に散っているのも受けやすいです。特に北の方に偏ってはいますが…(北海道だけで会場が4つあります)

専攻や二外でロシア語を勉強していて、ちょっと腕試しをしたい!という人にはまずこちらがおすすめです。
受験料もТРКИの半分以下ですし!

まとめ

というわけで、
ロシア語を本格的に使いたい!という方にはТРКИ、これからちょっと頑張ってみようかな…という方にはロシア語能力検定試験がおすすめです。

語学はどうしても中だるみしがちですが、こういった検定試験があるとモチベーションを保てていいですよね。
次回は実際に受けてみたレポートをしようと思います。いえーい。

スポンサーリンク
トップへ戻る